灯油式草焼き機 KB-300の構造と、着火までの準備を解説しています。
気化させた灯油を完全燃焼させて強火力で雑草を焼却できるので、残留物が発生しません。
JAS有機の圃場でも安心して利用できます。

バーナーの仕組み

仕組みを解説する宮原さん height=

レビューの前に宮原さんがバーナーの仕組みを解説します。
タンクの中の灯油をポンプで加圧し、ノズルに灯油を送ります。その後、各弁を開き、中から灯油を出して点火します。中の螺旋状のパイプの中を灯油が通ることで気化し、そこに高温の炎が出る仕組みになっています。

プレヒート

プレヒート

プレヒート

気化させた灯油を残留物が残らないように完全燃焼させるため、プレヒート必要になります。余熱を発生させるための布に着火し、気化するまで3分程度、加熱していきます。気化した灯油の匂いは別格です。

いざ出陣!

炎の魔術師宮原

炎の魔術師宮原


プレヒートが終わり、先端から炎が出始めました。燃料開閉レバーを開いて準備完了です。炎の威力が高く、音がすごいです。次回は、バーナーで圃場に突入します。
見せてもらおうか、草焼きバーナーの性能というものを!

以上今回の週末畑.comは、灯油式草焼き機 KB-300の構造と着火まで についてでした。

今回の動画はこちらの再生リストからもご覧いただけます
気に入っていただけたら、チャンネル登録をお願いします!!


八街ふれ愛オーガニックファーム

森田農園は、人と森が近い街

千葉県流山市名都借の土地で
江戸時代から300年以上続いてる農園です。

森田農園のホームページはこちら


撮影や映像制作ご相談承ります

撮影、農園紹介ビデオ制作します

撮影、農園紹介ビデオ制作します

当プロジェクトの運営元のエーフラットでは各種撮影/映像制作業務を承っております。
商品の撮影、栽培風景、セミナーや講義の撮影、ユーザー事例の動画、農園案内や商品のプロモーションビデオの制作等、企画や提案から承ります。
お気軽にご相談ください
担当:石田
03-3525-4285
エーフラットのWebサイトはこちら