今回は、段ボール梱包の話です。

段ボールをOPPテープで止める際に、
片方の端は、テープを折り返して貼りあわせておきます。

そうすると、テープがはがしやすくなり、
段ボールの開封が容易になります。
「1センチだけ貼りあわせるという、
そのひと手間から、お客様に対する配慮が伝わるんです」

という極めて真面目な内容です

梱包テープの裏技

梱包用テープ

梱包用テープ


武井さんが行っている、農作業での様々な裏技を紹介するこのシリーズ。
第4弾の今回は、梱包用テープを使った裏技です。
農家さんの気遣いを伝える愛の裏技です。

大切な1工程

先端数ミリを折り返す

先端数ミリを折り返す

野菜を段ボールで梱包する際、テープの端を5ミリから1センチほど折って、貼り合わせていきます。
この1工程が後々、絶大な効果を生みます。

お客様への気遣い

はがしやすいテープ

はがしやすいテープ

このように貼り合わせたテープで梱包すると、お客様が開封するときに、貼り合わせのつまみ部分を持って簡単にテープがはがれるという仕組みになっています。
テープ1折りの1工程がお客様に気遣いとして伝わるという裏技です。

以上今回の週末畑.comは、テープの折り方が高める顧客ロイヤリティ 気遣いが伝わる1センチのひと手間 | 武井敏信 農業の裏技 其の4

今回の動画はこちらの再生リストからもご覧いただけます
気に入っていただけたら、チャンネル登録をお願いします!!


タケイファーム

野菜「創り」に最も大切なもの「こだわり」と「品種のDNA」。定番野菜だけでなく「西洋野菜」「ミニ野菜」「色物野菜」など、少し変わった珍しい野菜たちも栽培しています。
代々から続く農家に生まれ育ったものの、子どものころから農家になることを拒否し、食にも興味がないサラリーマンだった武井氏が、両親の毎日の仕事をま正面から考えるようになり、「農業」に携わるようなりました。
農業を始めて15年。今日まで350種類を超える野菜を栽培し、年間栽培する野菜は140種類以上となりました。

「野菜創りに終わりはない」という想いのもと、おいしい「品種」、そして「出荷品質」にこだわって農業を経営しています。

タケイファームのWebサイトはこちら


撮影や映像制作ご相談承ります

撮影、農園紹介ビデオ制作します

撮影、農園紹介ビデオ制作します

当プロジェクトの運営元のエーフラットでは各種撮影/映像制作業務を承っております。
商品の撮影、栽培風景、セミナーや講義の撮影、ユーザー事例の動画、農園案内や商品のプロモーションビデオの制作等、企画や提案から承ります。
お気軽にご相談ください
担当:石田
03-3525-4285
エーフラットのWebサイトはこちら