タケイファームでは葉物をカップに入れて発送しています。
発送時に葉っぱが、いかに長持ちするか。このテクニックをご紹介します。
このテクニックを使うだけで、常温でも鮮度の高い野菜を発送することができます。

キッチンペーパーの裏技

キッチンペーパーを使った裏技

キッチンペーパーを使った裏技

武井さんが行っている、農作業での様々な裏技を紹介するこのシリーズ。
第5弾の今回は、キッチンペーパーを使った裏技です。
タケイファームでは、スプラウト系の葉物野菜を発送する際はカップを使います。発送するとき、いかに野菜の葉っぱを長持ちさせるかを紹介していきます。

裏技は濡らすだけ

キッチンペーパーを濡らす

キッチンペーパーを濡らす


まず、キッチンペーパーをカップの大きさに応じて折ります。折ったキッチンペーパーを、水で少し濡らします。
裏技は、なんとコレだけです。

その効果は

鮮度の追求

鮮度の追求


濡らしたキッチンペーパーを、野菜と一緒にカップに入れて蓋をするだけで常温でも野菜の鮮度が保たれ、葉っぱがピンピンした状態でお客様に届きます。

以上今回の週末畑.comは、キッチンペーパー1枚で新鮮な野菜をお届け | 武井敏信 農業の裏技 其の6

今回の動画はこちらの再生リストからもご覧いただけます
気に入っていただけたら、チャンネル登録をお願いします!!


タケイファーム

野菜「創り」に最も大切なもの「こだわり」と「品種のDNA」。定番野菜だけでなく「西洋野菜」「ミニ野菜」「色物野菜」など、少し変わった珍しい野菜たちも栽培しています。
代々から続く農家に生まれ育ったものの、子どものころから農家になることを拒否し、食にも興味がないサラリーマンだった武井氏が、両親の毎日の仕事をま正面から考えるようになり、「農業」に携わるようなりました。
農業を始めて15年。今日まで350種類を超える野菜を栽培し、年間栽培する野菜は140種類以上となりました。

「野菜創りに終わりはない」という想いのもと、おいしい「品種」、そして「出荷品質」にこだわって農業を経営しています。

タケイファームのWebサイトはこちら


撮影や映像制作ご相談承ります

撮影、農園紹介ビデオ制作します

撮影、農園紹介ビデオ制作します

当プロジェクトの運営元のエーフラットでは各種撮影/映像制作業務を承っております。
商品の撮影、栽培風景、セミナーや講義の撮影、ユーザー事例の動画、農園案内や商品のプロモーションビデオの制作等、企画や提案から承ります。
お気軽にご相談ください
担当:石田
03-3525-4285
エーフラットのWebサイトはこちら